いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

お題

【アイスバーメーカー】簡単だけどハイテンション!4歳のクッキング体験。

梅雨明けとともに、今年も猛暑到来です。 夏と言えば、アイス! 冬のアイスも美味しいですが、やっぱりアイスといえば夏! この時期のわたしの使命は【冷凍庫のアイス在庫を切らさないこと】であります! でも最近のアイスは、とっても美味しくなった反面、…

【工作】家の中で虫捕りを楽しもう!製作費も手間もかかりません。

手足口病にかかった4歳の息子。 でも、ありがたいことに軽症ですんでいるようです。 軽いのはいいのですが、熱もなく、食欲もあり、元気いっぱいの4歳児に【安静】という言葉は通用しません。 「ちょっと早めの夏休みと思って、家でのんびり休みなさい」な…

読み聞かせ動画をYouTubeにアップするなら「青空文庫」を使おう

こんにちは、karafuruです。 以前、YouTubeに絵本の読み聞かせをアップするのは違法なのか?という記事を書きました。 www.karafuru.site 考え方は出版社によって異なるけれど、違法もしくはグレーゾーンと考えられるという結論を出した記事です。 書いてか…

【今週のお題】小さなジュークボックスに、一番リクエストする歌

こんにちは、karafuruです。 今週のお題「わたしの好きな歌」について、書かせていただきます。 それは、童謡「あめふりくまのこ」です。 息子が生まれるまで、ちっとも知らなかった歌です。 「いないいないばあっ!」というEテレの教育番組で流れ、息子が気…

【今週のお題】好きな色の名前なんて、答えられなくてもいいと思う。

昔から「自分の好きな色」を答えられないkarafuruです。こんにちは。 好きな花の色は黄色。 好きな靴の色は赤。 好きな絵の具の色は白。 そんなふうに、限定して聞かれればすぐに答えられる好きな色。 ところが「あなたの好きな色は?」と聞かれると、とたん…

【工作】製作費ゼロ、製作時間ほぼゼロ。チラシを使ったボールプールを作ろう。

雨がさほど嫌いではありません。 保育園の送り迎えの時間に土砂降りだったりすると、本当にゲンナリしますが。 雨の日の、家の中に閉じ込められている感。 傘をさしていると、外なのに何となくプライベート感。 憂鬱だって顔をして、今日は活動的じゃなくて…

【今週のお題】ゆるやかな家飲みで乾杯。夕食前の優しいひとときが好き

8ヶ月になる娘の妊娠が分かってから現在に至るまで、アルコールを口にしていません。 計算してみると1年半くらい、ってことでしょうか。 まだこの先も授乳があと1年近く残っていますから、まだまだしばらくは飲まない日々が続くkarafuruです。 そんなわたし…

【今週のお題】あれからもう30年経つの!?いまだに熱く語れちゃうのに!?

毎週木曜に新しくなる「今週のお題」。 今日は木曜日だから、この記事を書きあげる頃には、新しくお題が切り替わっているかもしれません(現在午前中)。すみません。 でもこのお題でどうしても書きたいことがある、熱い思いのkarafuruです。 今週のお題「ア…

【特別お題】迷うな!の呪縛を解いてみよう。だってその迷いは、やっぱり愛情なんだから。

こんにちは、karafuruです。 こどもが生まれる前、言われたことがあります。 子育て中はいろいろ言われるけれど、流されたり迷ったりしないでいいのよ。 自分が正しいと思ったら、そうすればいいの。 こどもはお母さん次第で幸せになるんだから。 そのときは…

【今週のお題】いつも通りの時間割が、いつもと違う時間をくれる

こんにちは、karafuruです。 はてなブログで毎週、ブログのお題を出してくれる「今週のお題」。 今週も参戦してみたいと思います。 今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 特大、といわれた今年のゴールデンウィーク。 育休中のわたしとしては、相変わらず…

【特別お題】全力健康生活へ! 見直すべきは習慣ではなく真剣さ?

こんにちは、karafuruです。 今日のブログは、はてなブログの特別お題「私の生活習慣」にチャレンジしたいと思います。 子育ては健康生活 大型連休がはじまり、ダンナとしみじみ話していました。 子育てを真剣にやったら、健康になるよね? こどもが生まれて…

【今週のお題】果てしない「未来」が思い出

今週のお題「平成を振り返る」 振り返れば奴がいる。(古っ) あ、いや違った。 振り返れば子が寝てる。 そうなんですね、平成が終わって令和がやってくるのですね。 この騒ぎ、ふと20世紀から21世紀になるときのことを思い出したりします。ミレニアムミ…

【今週のお題】AIよりも、きみの愛

こんにちは。karafuruです。 今週のお題「新生活、これがオススメ!」 それは、息子の小さな手です。 娘が生まれて始まった新生活、4歳の息子の頼りないけど優しい「お手伝い」に助けられます。 自信をもってオススメしますが、なかなかお貸しすることがで…