いろいろとカラフルです

絵本とか工作とか公園とか。元ナレーターママの育児ブログです。

【絵本】いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

スポンサーリンク

こんにちは。karafuruです。

4歳の息子と0歳の娘を育てています。

主人もわたしも芝居をやっているため、読み聞かせが大好きです。

片方が読み聞かせをしていると、親同士でダメ出しをしたり競ったり・・・ちょっとめんどくさい夫婦です。

 

今日はそんなわたしたちが最初に購入した絵本のお話です。

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

この絵本は、上の息子が生まれてすぐに購入した本です。

赤、青、緑、黄色、黒、白・・・鮮やかな色彩の表紙に惹かれて手に取り、絵本を息子のいるベビーカーに向けると、じぃぃっと見つめ返してきたのを覚えています。

0歳児が、分かりやすく「気に入った」という仕草をしたわけです。

 

背表紙に、生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんでも

・コントラストの強い配色

・目や口のある「顔」

に注目すると記載されていたのも、購入のポイントでした。

 

読み聞かせの反応

 

息子が0歳だった頃の反応は、上述したとおり。

その後、何度も何度も繰り返し読んできました。

そのたびに「ここにアリがいるね」「赤い魚が好き~」と、毎回違った部分を指差して喜んで聞き入っています。

4歳になった今、読み聞かせをしてみると、なんと一緒に文字を追って読んでくれてビックリ!

最近、読み書きに目覚めた息子くんにとって、馴染み深く、そしてやさしい平仮名で書かれているこの絵本は、とても取っつきやすいのでしょう。

0歳児の発達だけではなく、その後の年齢のこどもたちのことも考えて作られているんですかね。恐るべし、しましまぐるぐる。

 

さて、0歳の娘の反応についてですが、実はあんまり期待していなくて、「目で追うだけ」程度だと思っていたんです。

ところが読み出して見ると、本当に結構まじまじと絵を眺めたり、そしてなんとくふふと笑ったりして、これまたビックリ!

まだEテレの「いないいないばあ!」でさえ、じっと見られないのに、こんなに食いつくなんて驚き以外のなにものでもありませんでした。

f:id:irokara:20190413160219p:plain 

よいところ

 

とにかくカラフル。

白黒のしましま、真っ赤なぐるぐる、色とりどりの魚さん。まんまるスイカは鮮やかなクリスマスカラー。賑やかなネコやハムスター。

ディスプレイしてもお洒落で、こどもの絵本箱にしまっておくのがもったいないくらいです。

そして絵本は厚紙で作られており、かなり丈夫にできているため、4年前に購入したとは思えないほど綺麗な状態を保っています。

 

ほどよい大きさ、角を丸くカットした安全設計、そして多少こどもが手荒く扱っても問題なし、ときている優等生だと思います。

 f:id:irokara:20190414191412j:plain

おまけ

 

世の中にはたくさんの絵本があって、どれもこれも素敵な物ばかり。

どんな絵本を選んだらいいのか、迷うことがあります。 

そんなとき、家でじっくり口コミを読んだりちょっと試し読みしたりできる「絵本ナビ」というサイトがあって便利です。

 

 

年齢やテーマ、ジャンルなどで絵本を選んだり、インタビューを読んだり、もちろんパパママの口コミを確認することもできます。

サインインすれば、なんと1回全ページ試し読みできてしまいます。

部分的な試し読みなら、何度もOK!

ぜひ、絵本好きな方はチェックしてみてくださいね。