いろいろとカラフルです

絵本とか工作とか公園とか。元ナレーターママの育児ブログです。

【調べてみた】YouTubuに「読み聞かせ」動画をアップするのは違法なのか?

スポンサーリンク

読み聞かせチャンネルを作りたい

このブログを始めるにあたり、やりたかったことのひとつとして「絵本の読み聞かせをブログで紹介する」ということがありました。

最近、絵本の読み聞かせをしていると、4歳の息子の反応があまりにも面白く、また0歳の娘の反応もそれなりによいので、成長記録の意味でも動画を撮って残しておこうと思っていたのです。

さらに元ナレーターの血が騒ぎ、どうせ動画を撮るならいっそYoutubuにアップしてみようか、と思い立ったわけです。

 

それに異を唱えたのが夫。

「ねえ、それって著作権とかどーなの?」

 

著作権・・・? え、でも悪いことするわけじゃないし・・・。

あまり考えていなかった難しい単語に、しどろもどろになっているわたしに夫がもうひと押し。

 「芝居やるときだって上演許可とるでしょ」

 

お、そうか・・・。

夫もわたしも芝居をやっているので、芝居のたとえを出されるとちょっと取っ付きやすくなります。

芝居をどこかでやるときには、シナリオの著作権を持っている出版社や著作者に、場所、日時、会場の大きさ(集客)、料金・・・等を知らせて許可を受けます。それを上演許可といって、状況によって発生する費用や条件が変わってきます。

 

でも、Youtubuに絵本を読んでいる動画をアップすることが違法になるのでしょうか? ただ、「読んで」「映像を撮る」だけで?

f:id:irokara:20190414191438j:plain

ネット上の見解

まず調べたのは、ネットの情報でした。

「YouTube、読み聞かせ、著作権」といったワードで検索をかけると、多くのサイトがヒットします。やはりみなさん、気になっているんですね。

 

読み込んでみると、なんとその行為は「複製権の侵害」や「公衆送信権の侵害」となるため、著作権の侵害にあたるとバッサリ言い切っているものが主流でした。

 

ほかのサイトもいくつか読んでみました。違法とはいかないまでもグレーと表現するサイトもありましたが・・・グレー=つまりは違法寄り、ってことですよね。

うーん。なにも対応せずに読み聞かせをアップしたらマズイということだけは理解できました。

でもヒットしたサイトを手あたり次第に読み過ぎて(笑)、見解の多さと法律用語の複雑さに頭が混乱。つまり、わたしはどうしたらいいのでしょう。

 

出版社ごとに違う取り扱い方法 

というわけで、法律や個人の見解はひとまず置いておいて、「絵本の出版社」の意見を見てみることにしたのです。

各出版社のホームページをのぞくと、とても分かりやすくまとめられていました。

 

たとえば、ブログで絵本の紹介をするのに「表紙」の写真を掲載したい、という内容がOKなのかNGなのかを判断すると、以下のようになります。(すべて2019年4月の情報です。最新の情報は必ず各出版社でご確認ください

学研ホールディングス

説明ページ>>  著作権について | 学研ホールディングス

学研の場合、著作物を出版・インターネット・イントラネット上で、許諾なく使用することを禁じていました。その範囲はホームページ上に詳しく記載されています。

装丁や目次については、全部だけではなく一部の掲載もNGになっています。

福音館書店

説明ページ>> 著作物の利用について|福音館書店

著作権に関する質問を分かりやすく掲載してありました。

加工をしない形での表紙画像の利用は、条件付き(書名、文・絵・訳などすべての著者名、出版社名の明記)で許諾不要とありました。

フレーベル館

説明ページ>> よくあるご質問|フレーベル館

利用シーンごとに対応方法の記載がありましたが、個人ブログレベルの話は見つけることができませんでした。

図書館などの公共施設の場合、表紙画像は基本的に許諾不要とのことでした。(加工不可、書誌事項記載が必要)

ポプラ社

説明ページ>> 著作物の利用について|ポプラ社

よくある質問がQA形式でまとめられていました。

加工をしない形での表紙画像の使用は、条件付き(書名、文・絵・訳などすべての著者名、出版社名の明記)で許諾不要とありました。インターネット上の掲載の場合は、URLを知らせる必要があるようです。

えほんの杜

 説明ページ>>  えほんの杜|よくあるお問い合わせ

よくある質問がQA形式でまとめられていました。

加工をしない形での表紙画像の使用は、条件付き(書名、文・絵・訳などすべての著者名、出版社名の明記)で許諾不要とありました。

 

他にもたくさんの出版社がありますから、扱う絵本によってしっかりと調べないといけませんね。

f:id:irokara:20190414191705j:plain 

Youtubuへのアップについて

ちなみに上記のページでは、はっきりとYoutubuや動画といった文言の記載はありませんでした(2019年4月現在)。

しかし、「プロジェクター等での拡大は著作権者の許諾が必要」としているところが多くありました。Youtubuの動画を見るブラウザの大きさによっては、もとの絵本と比べて拡大されたり縮小されたりしますから、きっとこの場合は許諾が必要ということになるのでしょうか(個人的な見解です)。

また、Youtubuにアップする時点では無償の行為でも、チャンネルの人気によっては収入が発生しますよね。それって、どんな扱いになるのでしょうね。こういう部分についての説明も見当たらなかったので、自身で判断するには最初に紹介したサイト等のように法律の勉強が必要になってくるのだと思います。

 

まとめ

  •  Youtubuに許諾なく読み聞かせ動画をアップすることは、違法もしくは危険なグレーゾーンと考えられる
  • 著作権の考え方は、出版社によって異なる
  • インターネットの動画に関する詳細は、まだ分からないことが多い

 

一番早くて確実なのは、「取り扱う絵本ごとに著作権を持つ方(出版社など)に確認をしてからおこなう」ということですね。