いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【工作】製作時間5分!ティッシュの空き箱で夏でも冬でもスキーができる

スポンサーリンク

テレビと同じことがしたい!

メモリがいっぱいになったSDカードを整理していたら、以前の作ったおもちゃの写真が出てきたのでアップします。

 

テレビでスキーのジャンプをやっていた時期の工作です。

息子がテレビを見ながら「やりたいやりたい」と言ったので、室内でスキーができるものはないかな、と探したのがこちら。

hoiclue.jp

ティッシュの空箱と牛乳パックを使ったスキーです。

作り方は上のページに詳しく載っていますが、とても簡単でした。

牛乳パックを縦に長く切り開いたものを2つ用意して、そこにティッシュの箱をペタンと貼るだけです。

f:id:irokara:20190415105523j:plain

これで出来上がりです。ティッシュの箱にこどもの好きなキャラクターなどを貼れば、オリジナルのスキーブーツになりますが、karafuruはこの箱の印刷で充分です(笑)。・・・だって、この形状からいって1回で壊れる運命って気がするじゃないですか。

 

ティッシュの箱の部分に足を入れて、部屋を歩き回るだけで息子は上機嫌。

テレビと同じような前傾姿勢(のつもりの、おしり突き出し姿勢)をとったり、ガッツポーズをしたり、かなり楽しんでいました。

 

それにしても、この「テレビを同じことをしたい」熱は、時々途方にくれます。

スキーもフィギュアも卓球も、「おかあさんといっしょ」出演も、高級レストランのガチ勝負も・・・なんでもかんでも「やりたいやりたい」が始まります。

この熱をうまく才能の芽として伸ばしてあげられたらいいのでしょうが、全部を叶えてあげるなんてなかなか難しいですよね。せめて疑似体験だけでもめいっぱいさせてあげられたらいいなあと思います(それも現実は難しいことが多いですが)。

 

注意点

ただ気を付けなければならない部分がいくつかありました。

  • ティッシュの箱の口部分は切れやすいので、靴下をはいて遊ぶ
  • 絨毯やマットは本当に滑りやすいので、歩き始めた頃の年齢は注意
  • 大きく歩こうとすると、つま先が引っかかり転びやすい

特に、まだ歩くのがうまくない1歳~2歳のこどもは転びやすいので、遊ぶのは控えるか絶対に大人がフォローしないと危険です。

 

材料

ティッシュの空き箱:2箱

牛乳パック:2本

テープ