いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【工作】製作時間5分!ティッシュの空き箱で夏でも冬でもスキーができる

ラグビーワールドカップに、バレーボール、間もなく迎える東京オリンピック。

スポーツ界が元気に盛り上がっていますね。

 

わたしはもっぱらテレビ観戦しかしないインドア派。

それでも、テレビを観ているだけで胸がジーンと熱くなったり、手に汗握ったりするのですから素敵な世界です。

 

4歳になる息子も、一緒にテレビを観て「これはなあに?」とか「にっぽんは、かったの?」とか、しょっちゅう夫に質問しています。

夫も息子に分かるようにルールを解説したりして、なかなか楽しそう。

 

つい最近までママべったりだった息子も、こうやってだんだん「男同士の世界」にも目を向けていくんでしょうね。

 

さて、テレビを観ると「テレビとおなじことがしたい!」と思うお年頃の息子。

 

ラグビーを見れば、室内用のボールを抱えて走り回り、野球を見ればシロイルカのぬいぐるみをバットに見立てて振り回す(ちょっと可哀想)。

 

もうすぐウィンタースポーツが始まりますが、テレビでスキーのジャンプをやっていた時期の工作をひとつ、ご紹介します。

 

製作時間はたった5分

そのへんにある廃材を利用して、お手軽に室内スキーを楽しめる工作です。

スキーごっこをしよう

 

息子がテレビを見ながら「やりたいやりたい」と言ったのは、スキーのジャンプ。

なかなかホイホイ体験させてあげられるものでもありません。

 

そこで、室内でスキーができるものはないかと探したのがこちら。

 

hoiclue.jp

 

ティッシュの空箱と牛乳パックを使ったスキーです。

 

材料

ティッシュの空き箱:2箱

牛乳パック:2本

テープ

 

作り方

作り方は上のページに詳しく載っていますが、とても簡単でした。

牛乳パックを縦に長く切り開いたものを2つ用意して、そこにティッシュの箱をペタンと貼るだけです。

 

f:id:irokara:20190415105523j:plain

 

これで出来上がりです。

写真を見るだけで、一目瞭然ですよね。

 

ティッシュの箱にこどもの好きなキャラクターなどを貼れば、オリジナルのスキーブーツになります。

何か貼ってあげようかな、と思っていたら、横で見ていた息子が早く履きたくてウズウズしていたので、そのまま渡しました。

 

注意点

 

ティッシュの箱の部分に足を入れて、部屋を歩き回るだけで息子は上機嫌。

 

テレビと同じような前傾姿勢(のつもりの、おしり突き出し姿勢)をとったり、ガッツポーズをしたり、かなり楽しんでいました。

 

ただ、気を付けなければならない点がいくつかありました。

  • ティッシュの箱の口部分は切れやすいので、靴下をはいて遊ぶ
  • 絨毯やマットは本当に滑りやすいので、歩き始めた頃の年齢は注意
  • 大きく歩こうとすると、つま先が引っかかり転びやすい

特に、まだ歩くのがうまくない1歳~2歳のこどもは転びやすいので、遊ぶのは控えるか絶対に大人がフォローしないと危険です。

f:id:irokara:20191022013444j:plain

むすび

 

息子のテレビを同じことをしたい熱】は、時々途方にくれます。

スキーもフィギュアも卓球も、「おかあさんといっしょ」出演も、高級レストランのガチ勝負も・・・なんでもかんでも「やりたいやりたい」が始まります。

 

この熱をうまく才能の芽として伸ばしてあげられたらいいのでしょうが、全部を叶えてあげるのはなかなか難しいですよね。

せめて疑似体験だけでも、いっぱいさせてあげられたらいいなあと思っています。

ティッシュの箱に足を突っ込むことが、はたして疑似体験になるのかは別にして(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

▼よろしければこちらもどうぞ▼ 

www.karafuru.site

www.karafuru.site

 

更新履歴

2019年4月15日

この記事を、初めて公開しました。

 

2019年10月22日

リライトしました。

すぐに壊れると思っていた、この箱スキー。

意外にも長くもち、現在も片足だけひっそりおもちゃ箱に入っています。

息子なりに大切にしているようで、微笑ましく思います。

(私の目には可燃ごみに映りますが・・・)