いろいろとカラフルです

絵本とか工作とか公園とか。元ナレーターママの育児ブログです。

【育児グッズ】心配性のパパ・ママに!ベビーカーに取り付け簡単、ダイヤベビーミラーを使ってみた

スポンサーリンク

ベビーカーを前向きで押せない!

暑くもなく、寒くもない春は、散歩にピッタリですね。

わたしも6ヶ月の娘をベビーカーに乗せて、カラカラと町に繰り出します。

おそろいの帽子をかぶったり、いつもとは違うみちを通ったり、ただ気候がいいというだけで、足腰が軽くなるから不思議です。

 f:id:irokara:20190418003301j:plain

現在使用中のベビーカーは、両対面式のA型で、赤ちゃんが前向きになることもできるし、ママと向かい合う形に切り替えることもできます。

(ベビーカーには、丈夫で多機能だけれど重くてゴツいA型と、軽くてコンパクトだけれど揺れやすいB型があります)

このベビーカーは息子の時に購入しました。

重いけれど両対面式にしたのは、月齢が小さなうちはパパ・ママと向かい合って移動できる方が安心だし、大きくなるにつれて外の景色を見られる方が赤ちゃんも喜ぶなあ、なんて思ったからです。

ところが、こんな便利な切り替え機能なのに、実際には息子が1歳を超えてもなお、わたしは前向きで使うことは少なかったのです。

そして娘が6ヶ月を過ぎた今、やはりベビーカーは対面のまま・・・。外の景色は、わたしの顔ごしにしか見ていない状態です。

 

なぜか。

それは、わたしが不安だからです。

こどもが前を向く、すなわちわたしから見えなくなるので、ちゃんと笑ってるかしら?とか、虫に刺されてないかしら?とか、どうしても不安になってしまうのです。

それにこどもにとっても、わたしの顔が見えなくて怖いんじゃないかな、などとも思ったりして。

 

前向きデビューさせたい

4歳の息子の性格は少しおっかなびっくりです。ベビーカーが原因というわけでもないのでしょうが、あまりにも過保護に育ててしまったような罪悪感があり、娘には早い段階で「前向き」デビューをさせたいと思っていました。

思って、思って・・・はや6ヶ月。全然早い段階じゃありません。もういいかげん、前向き人生に切り替えろや、です。

 

そんなとき西松屋で目にしたのが、これです。

f:id:irokara:20190417233442j:plain

ダイヤ ベビーミラー

 

特長は、

  • ベビーカーのフロントガードに取り付けて、赤ちゃんの様子を見られる
  • 車内ルーフのグリップに取り付けて、後ろ向きチャイルドシートの赤ちゃんの様子を見られる
  • 面ファスナーでとめるだけで簡単

とのことで、ミラーの角度調節も自由と書いてありました。

シロクマさんの形もかわいいし、ちょうどセールだったし(笑)即購入。

 

 さっそく取り付けてみると、こんな感じになりました。

f:id:irokara:20190418001036j:plain

前向きにして歩き出すと、おお、見てる見てる!

フロントガードに取り付けるため、遠くて写真だと顔が小さく見えますが、鏡がカーブミラーのように凸面になっていて見やすいです。

キョロキョロと辺りを見回すしぐさも、後ろからはっきりと見て取れました。

 

対面で移動すると、すぐに眠くなってしまう娘が、目をまん丸にして外を見ています。前向きにすると、赤ちゃんの好奇心を刺激するっていうのは本当なんですね。

ママの顔が見えないと赤ちゃんも不安、とか勝手に思っていた自分を反省です。

赤ちゃんだって見慣れたママの顔だけじゃなくて、新しいものや不思議なものをたくさん見たいんですよね。

あっちを見たりこっちを見たり、小さな手を伸ばしたりしている娘をミラーで見ながら、たった半年でこんなにも人間らしくなったことに感動しました。

 

しかし、このシロクマちゃん。かわいすぎるのか、娘がすぐに手を出します。

f:id:irokara:20190418002209j:plain

ああ、電線しか見えなくなっちゃうからやめてー。

 

心配性なパパ・ママのみなさん、もしわたしのように不安でベビーカーを前向きにできずに困っていたら、ちょっと試してみてもいいかもしれません。

わたしはコレ、しばらく手放せない感じです。