いろいろとカラフルです

絵本とか工作とか公園とか。元ナレーターママの育児ブログです。

【おうちコープ】離乳食作りの戦友、5ヶ月から使える!安心の国産野菜を40秒でお口に「あーん!」

スポンサーリンク

何ヶ月ぶりかの発熱

先日、出産後初めてわたしが風邪をひきました。

正確には今までも体調を崩すことは度々あったのですが、寝ている余裕もないので何となくうやむやにというか、だましだまし過ごしてこれました。

それが39度の発熱

これはさすがに見なかったことにできません。

f:id:irokara:20190514094002j:plain

4歳の息子を保育園に連れていけないので、ダンナに車で30分ほどの義母のところに朝から預けに行ってもらい、わたしはとりあえず自分と0歳の娘のことだけに一日専念することにしました。

 

ダンナが帰ってくるまでの11時間、ガンバレ!

抱っこして欲しくてぐずる娘をどうあやそうかと思っていたら、ちょうど読ませて頂いているブログに「ゴールデンボンバーの令和は泣きやみ動画だ」と書いてあったので見せたところ、ピタリと泣きやみました。

おお、すごいっ!

 

でも3回以上続けて見せるのは、やはり気が引けたので、咳をしても伝染らない(と思われる)おんぶで娘をあやすという、現段階では精一杯の安静の図ができあがりました。

 

こんなとき自分のことは、まあ食欲とか睡眠欲とか、本能にまかせていればなんとかなるのですが、問題は娘です。

今のところ完母(ミルクを使わずに母乳で育てること)なので、だいたい4時間ごとの授乳と、1日2回の離乳食作り、そして泣かないようにあやすこと。 

f:id:irokara:20190424234923j:plain

今の季節、授乳は寒くないので問題なし。

あやすのも、おんぶで何とかなりそう。

最大の難関は離乳食でしょうか。

 

でも、実はわたし、おうちコープにお世話になっているので、離乳食も全然心配ないのです!

 

 

おうちコープとは

息子が1歳を過ぎた頃から利用している「おうちCO-OP」(おうちコープ)

食材宅配サービスの中でも有名ですよね。

運営は生活協同組合ユーコープで、その名前から何となく安心な気がして始めました。

週1回の注文と宅配を繰り返すシステムで、うちは毎週火曜日に食材が届きます。

 

f:id:irokara:20190514095838j:plain

 

食材と一緒にたくさんのパンフレットが届きます。これを見て翌週の注文をするのです。

手書きの注文書を使う場合は、お届けのときに配達員の方に渡す(不在でももちろん大丈夫)のですが、ネットで注文する場合は締め切りがもう少し長いです。

わたしもネットを利用して発注しているので、火曜配達の木曜朝10時締め切りです。

 

生協の商品って安心な分、お値段高めって思いますよね。

実際スーパーに比べると割高な商品が多いのですが、そうではないものもあります

 

f:id:irokara:20190514103431j:plain
f:id:irokara:20190514103447j:plain
「お買い物めも」と「買っトク!」

日々の食材選びに利用するパンフ「お買い物めも」の中に掲載されている、「買っトク!」のページです。

スーパーでいう、特売コーナーです。

ここに掲載されているものは、結構びっくり価格だったりします。わたしはまず、このページをチェックしてから1週間の献立を決めます。

 

・・・と、毎日の食卓に並ぶ「おうちコープ」の話もしたいのですが、今回のテーマは離乳食でしたね。

 

離乳食の戦友、Dear mom

小さなこどもがいる家庭の味方がこちら。

 

f:id:irokara:20190514103956j:plain

 

Dear mom」というパンフレットで、離乳食やおやつ、消耗品などが掲載されています。2週間、同じチラシでじっくり選べます。

 

f:id:irokara:20190514104352j:plain
f:id:irokara:20190514104405j:plain
離乳食のレシピやオムツ

掲載されている離乳食のレシピは、どれもおいしそう&時短で楽できそう

みんなおうちコープの商品を利用しているので、下ごしらえの必要がないものばかりで助かります。

これを始めたときはすでに息子は離乳食を完了していたし、娘はまだレシピ不要の材料トロトロ期。

必要になったときにすぐ使えるように、バックナンバーを保存しています。

 

オムツの掲載もあります。

でもわたしは工作のために、まとめ買いの際のダンボールが欲しいので、おうちコープでは買いません。ゴメンネ。

 

離乳食開始直後から利用

離乳食の開始は個人によって違いますが、だいたい5~6ヶ月頃です。

はじめは10倍粥をさらにすり潰してトロトロにしたものからスタートし、ニンジンをゆでてすり潰したり、お芋を潰したり・・・という感じになります。

この潰す、という作業が地味にツラい

家族の食事の準備と並行して、野菜をものすごく柔らかくゆでる手間、取り出してすりこ木で地道に潰す手間・・・本当に時間がかかります。

そんなに心血を注いでも、実際は食べてくれなかったりするし。

 

そんなストレスフルな離乳食初期の味方が、このパンフレットにはぎっしりです。

 

f:id:irokara:20190514111344j:plain
f:id:irokara:20190514111530j:plain
おうちコープの離乳食

食材表記のほかに、何ヶ月から利用できるのかといった情報も記載されているので、購入してから「まだ使えないかな」という失敗がありません。

ガサゴソと冷凍庫を見たら、こんなにたくさんストックされていました。

(いや実はもっとあります)

 

なめらかキューブシリーズ

今回は、その中でもこちら「国産野菜で作ったなめらかキューブ 5種の緑黄色野菜&根菜」をピックアップします。

 

f:id:irokara:20190514115931j:plain

 

味付けのされていない野菜ペーストで、5ヶ月の赤ちゃんから食べられます。

野菜はすべて国産野菜

 

緑黄色野菜のキューブ

  • かぼちゃ
  • にんじん
  • トマト
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • じゃがいも

根菜のキューブ

  • じゃがいも
  • にんじん
  • 大根
  • 玉ねぎ

で、できています。

f:id:irokara:20190514120455j:plain
f:id:irokara:20190514120509j:plain
5種の緑黄色野菜&根菜

野菜以外のものが入っていません

そして電子レンジ専用で、時間も短いのが助かります。

5~6ヶ月の赤ちゃんで1回1、2個、7~8ヵ月の赤ちゃんで2、3個といった感じなので、12個入りの袋は思いのほか長持ちします。

 

f:id:irokara:20190514121737j:plain
f:id:irokara:20190514121748j:plain
キューブの形状

ひとつひとつ押し出す形で使います。

うちはお粥を製氷皿で冷凍しているのですが、凍ってしまうとなかなか取れなくて毎回苦労します。

その点このキューブは、柔らかいプラスチックのケースを後ろから押すだけで取れるのでストレスがありません。

・・・やっぱりお粥用の製氷皿も、取り出しやすいシリコン製のを買おうかな。

ちなみに、このキューブシリーズはいろいろあって、わたしはほうれん草も愛用しています。

 

f:id:irokara:20190514122520j:plain
f:id:irokara:20190514122536j:plain
なめらかキューブ ほうれん草

原材料に「ほうれん草(国産)」とだけ記載されているのが、シンプルでいいですね。

こちらも500W電子レンジで1個40秒です。

 

f:id:irokara:20190514122858j:plain

 

色はスゴイですが、ほうれん草をこんなにきれいなペーストになんて、とてもわたしにはできません。

そしてこのほうれん草、娘が初めて口にしたとき、なんともいやーな顔をしてプップッと吐き出しました。

ちゃんと食べるようになったのは3回目くらいから。

そのあたりもリアルに「ほうれん草」で、信頼できます。

 

価値は人それぞれ

わたしは時間がなくなると余裕がなくなってしまい、結果としてこどもと遊べなかったり、イライラしてしまったりするタイプです。

だから家事はできるだけ時短、体力はできるだけ温存!

その分こどもとニコニコ遊ぼうと思っています。

 

時間を割く価値は人それぞれで、大切な我が子のために食材選びから調理まで、しっかり自分で行いたい、という方もいらっしゃるでしょう。

それも真理だし、すてきなパパママだと思います。

f:id:irokara:20190514133702j:plain

 でも、パパママが病気のときやどうしようもなく辛いとき、味方になるものはなんでも利用していいと思うのです。

こどもが元気、それが一番。

でもその前に、パパママが元気を目指さないと、毎日がうまくまわらなくなるのではないでしょうか。

 

子育ての強い味方、いわば戦友! おうちコープ、興味を持たれた方はちょっと試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにお子様が3歳になるまでは、宅配料無料ですよ。