いろいろとカラフルです

絵本とか工作とか公園とか。元ナレーターママの育児ブログです。

【育児グッズ】もう手放せない!熱で色が変わる技アリのシリコンスプーン

スポンサーリンク

現在、7ヶ月の娘は1日2回の離乳食です。

離乳食を作る手間の大幅削減については前に記事にさせて頂きました。

www.karafuru.site

でも作った離乳食を食べさせる作業も、負けず劣らずなかなか大変なのです。

そもそも口を開けない。

やっと口に入れてもブブブッと楽しそうに吐き出す。

スプーンを奪って投げ捨てる。

などなど、一所懸命作った労力が報われないどころか、気づけば服は汚れ放題で新たな労働が生まれてしまうという、結構ブラックな仕事現場です。

 

そんな離乳食の強い味方となってくれるシリコン製のスプーンを紹介いたします。

f:id:irokara:20190523125314j:plain

バツグンの機能を持つシリコンスプーン

 

それがこちら、マンチキンのホワイトホットセーフティスプーンです。

熱で色が変わる

離乳食は、基本的に食材に熱を通すので、出来上がりが熱いことが多いです。

たくさん作って冷凍保存している場合などは、解凍に電子レンジを使うのでアツアツになってしまうこともあります。 

 

フーフーしながら食べさせるのも、優しいママっぽくていいですが、もし自分が虫歯を持っている場合、ミュータンス菌はフーフーでも感染の可能性があるのだとか。

恐ろしい・・・。

そんなとき、食材の熱で色が変わるスプーンが大活躍です。

 

f:id:irokara:20190523113014j:plain
f:id:irokara:20190523113023j:plain
マンチキンのスプーンは熱で色が変わります

左側が通常時、右側が熱いものを乗せたときの色です。

オレンジ色が真っ白に変わるので、一目瞭然。

色が戻るまでちょっと待ってから口に運んであげれば、赤ちゃんが火傷をする心配がありません

 

材質がちょうどいい

 

柔らかな質感もオススメポイント。

赤ちゃんが口を開いてくれるまで、わたしは唇に触れるか触れないかの位置にスプーンを置いて待つのですが、このときちょっと触れてしまっても娘は嫌がりません。シリコン製なので金属のように固くないからかもしれない、と思っています。

 

また柔らかすぎることもないので、お粥がちょっとツブツブし過ぎているときや、カボチャを潰すときなどは、このスプーンを使って直接お皿の上で潰します

ヘッドが小さめにできているので、食材が逃げることなく潰すことができます。

 

ちなみに柔らかいスプーンは、娘が奪ってガジガジとかじったときも、気持ちがよさそうでした。

歯固めに似てるのかな?

・・・いや、スプーンはかじらないで欲しいです。

f:id:irokara:20190523125442j:plain

シェアしやすい

 

スプーンなんて1本あればいいので、正直、セット売りの意味が分からないですよね。

でもこれ実は、ママ友づくりの強力なアイテムとして活躍するのです。

なぜなら、実はわたしがそうだったから。

ちょっと仲がよくなったママ友さんと離乳食の話題になったときに、軽くプレゼントして頂いて本当に嬉しかった!

「こんなにあっても使わないし~」とニコニコ言われて、気を使うこともなく、そして実際に使ってみたら実力派スプーン。まさに最強。

購入のときに人数を集めて、みんなで好きな色をシェアしあえば、コスパ面でも友情面でも「いい仕事」をしそうです。

 

長い柄は改善してほしい

 

デメリットとしては、長すぎる柄(え)でしょうか。

離乳食は小さな食器に入れることが多いと思いますが、このスプーンは柄の部分が長いので、食器に引っ掛けるようにして置くと、柄の重さでコロンと落ちることがあります。

そのたびに抱っこしていた娘をおろして立ち上がり、スプーンを洗いに行かなければならないのが軽くイラッとします(笑)。

個人的には、気持ち短くなったらいいのになあと思っています。

このスプーンをずっと使っていて気になるのは、そのくらいです。

 

まとめ

  • 熱でスプーンの色が変わるので安心して食べさせられる
  • 柔らか素材が赤ちゃんに優しい
  • ママ友と分け合えば、お財布も優しい
  • 長い柄(え)によってスプーンが転がりやすいので注意

 

以上、離乳食にオススメの「munchikinホワイトホットセーフティスプーン」を紹介させていただきました。

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

使ってみると手放せなくなりますよ!

 

〇こんな記事も書いています〇

www.karafuru.site

www.karafuru.site