いろいろとカラフルです

絵本とか工作とか公園とか。元ナレーターママの育児ブログです。

夢叶うのが幸運なんじゃない。夢をみつけられることや追いかけていいと許されること自体が幸運なこと

スポンサーリンク

わたしがナレーターを辞めてから4年近い月日が流れています。

そのため、町を歩いていて自分の声を聞く、という機会はもうほとんどありません。

 

が、先日4歳の息子ときかんしゃトーマスやプラレールのYouTubeを見ていたところ、懐かしい画像に偶然出会いました。

 


きかんしゃトーマス木製レールシリーズ

 

実はこちら、以前ナレーションさせて頂いたものです。

かなり前のものですが、最初のキャプチャ画面で一気に当時の記憶がよみがえりました。

 

今日は、この懐かしい映像を4歳の息子と一緒に見ることができた幸せを、記事にしたいなあと思います。

親の夢にこどもが触れること

 

わたしは現場ではいつもド緊張するヘタレでしたが、録音時の温かい雰囲気が嬉しくて、幸せだったのを覚えています。

 

「これ、おかあ? おかあの声?」

息子が不思議そうに何度か動画を見ています。

とてもかわいい商品なのに、自分の声のアラばかりが見えてきていたたまれない気分になり、4度目には違うチャンネルへ。

 

すぐに別のYouTuberさんがプラレールで遊ぶ画像に見入った息子の背中を見ながら、なんだかこそばゆいながらも嬉しい気持ちになっていました。

f:id:irokara:20190423225902j:plain

声の仕事がしたくて、がむしゃらに頑張っていた頃のことを知る人は、今はもうまわりにはいません。

特に誰かに話すこともないし、自分の中でもどこか遠い記憶になってきていました。

 

でも、確かにわたしは、自分の夢を追っていた

大好きなものを、大声で大好きだ!!って宣言しながら、もがいて生きていた。

 

その小さなカケラが、ふいに目の前に現れたような気がしました。

そしてそれを一緒に息子が見つけてくれたことが、とても嬉しくてたまらなかったのです。

この子に、わたしの「夢」を垣間見てもらえたから。

親の「夢」をこどもが見る、なんてすごく貴重だと思えました。

 

夢を追うこと

夢と現実

 

こどもの頃、たやすくわたしたちは「夢を持ちなさい」と言われました。

夢を追って生きるのは素敵なことだよ、と。

 

この子はどんなことが好きなんだろう?

この子は何が得意なんだろう?

そんなふうに、親は自分の元に生まれてきたこどもの「夢」を見てみたいと思ってしまう。

 

でも、こども時代に夢を見つけて走り始め、やがておとなになってもなお夢を追って生きるのは、言うほど美しいことばかりではありません

距離をとる友達、競争、将来への焦り、自分というものへの過信と絶望、生活の不安

夢を聞いてきた親ですら、「アンタしっかりなさいよ」と心配と軽い失望の眼差しを向けてくる。

そういったものと常に向き合い、傷つきながら進む道です。

そしてそこまでしても、手に入れられない夢も残念ながらあるのが現実です。

こんな偉そうに書いていますが、わたしだって同じ。結局売れっ子には程遠く、好きなこと1本で食べていくことができずに複数の仕事を掛け持ちました。

 

ただ、見守るだけでもいい

 

それでも。

 

もしもこの子が追いかけたい夢を見つけられたとしたら、わたしはその夢を応援できる、一番近くのひとでありたいと思っています。

夢を追う難しさを知っているから、助言なんかできない。

おそらく「がんばれ」とすら、怖くて言えない。

けれど、ただ見守ってくれるひとが近くにいるだけで、心強いことも知っています。

 

苦しいことも辛いことも承知で、それでも夢を見続けられることは幸運でありそれだけで才能です。

そして「追いかけてもいい」と許されることも幸運であり稀なことなのです。

 

こどもたちがそんな幸運に巡り合えたら、わたしは最初から最後まで見届けてあげたいなあと思うのです。

 

高く大きな星

 

かつて、若かったわたしが打ちのめされていたときに、あるひとから言われた言葉があります。

 

「叶いそうもないほどデカい夢?

 いいじゃん、夢は大きければ大きいほどいいよ。

 高ければ高いほどいい。

 大きくて高い星なら、絶対に見失わないからさ」

 

活字にすると恥ずかしいですね(笑)

でも、こんな言葉を現実の世界でまともに言ってもらえる力が、夢にはあるのです。

 

叶っても、叶わなくても、夢は頭上に輝く美しい星。

手に入れるとか、手が届くとか、そういう次元ではないのです。だって星なんだから。

追いかけて追いかけて、気づいたらやりたかったことをやっている自分がそこにいる、という魔法があることを疑ってほしくない。

 

そうはいっても、親だから

 

そこまで考えて、さらにわたしはうなってしまいました。

うーん。

こどもが苦労することが分かっていたら、やっぱり親として「やめなさい」と言ってしまうのかもしれない。

 

こどもの幸せって、なんだろう

苦労しても好きな道を行くこと?

自分らしい着地点を見つけながら生きていくこと?

そのとき、親は何をしたらいいのだろう?

f:id:irokara:20190427111534j:plain

その答えは、まだまだ先に出るのでしょう。

今はこの動画を一緒に見られた奇跡に感謝して、また大好きな絵本を読んであげたいと思っています。

 

おまけ

 

YouTubeの動画をお借りしたので、遊んだことはないのですが「きかんしゃトーマス木製レールシリーズ」のリンクを貼っておきます。

いろいろ出ているようで何を出したらよいのか迷いましたが、スターターセットというものがありました。

とても優しく温かい感じのシリーズだなあという印象です。 

4歳の息子はトーマスにものすごくハマらなかったのですが、もし0歳の娘が今後トーマス好きになったら、試してみたいなと思います。

そのときはまた、レビューさせて頂きますね。

 〇こどもたちの記事です〇

www.karafuru.site

www.karafuru.site