いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【授乳】大切な至福のときにはいつか終わりがきてしまう。寝不足で辛いとき半年後を想像してみて

こんにちは、karafuruです。

0歳の娘を11ヶ月で保育園に預け始めました

まだまだ、人見知りが激しく、1日の授乳回数も5回の時期です。

 

2週間の慣らし保育期間中に1度発熱し、保育園から電話をいただきました。

鼻水がデフォルトになり、現在2日間保育園をお休みしています。

 

久しぶりに一日中、娘とふたりっきりでベタベタしながら、心配しつつも少し嬉しがっている自分もいます。

 

なぜなら、誰にも邪魔されずに昼の授乳ができるから。

 

土日は、必ずお兄ちゃんがそばにいるので、あんまりベタベタしていると、お兄ちゃんにさみしい思いをさせてしまいます。

その点、平日の昼は、全開で娘に甘えさせてあげられます。

 

でもこんな授乳タイムも、遅かれ早かれもうすぐ終わってしまいます。

娘が6ヶ月のころに書いた記事を読み返しつつ、ちょっぴり感傷に浸る午後です。

お気に入りの飲み物

 

世の中に、たくさんのおいしい飲み物が存在すれども。

 

一番のお気に入りの飲み物。

それは、母乳

 

もちろん生後6か月の娘の話です。

 

 f:id:irokara:20190408151608j:plain

 

もう離乳食が始まっていますが、だいたい4時間おきに1日6回授乳をしています。

 

抱っこしていないと泣く、

近くにママがいないと泣く、

眠いのにうまく眠れなくて泣く・・・と、ひたすらわたしを呼びつける暴君。

 

でも、授乳を始めて待つこと数分、徐々に目を細めて恍惚の表情を浮かべ、時折微笑んだりしながら、やがて眠りに落ちていく・・・その姿は、もうたまりません。

 

かまれたり、引っ張られたり、扱いはさんざんですが、娘にとってこの世で一番大好きなものなんだと思うと、ちょっとニンマリしてしまいます。

 

いつかはなくなる、今だけの時間

 

きっと、あと1年もしないうちに乳離れします。

そのとき、娘とわたしの「至福のとき」は終わりを迎えます

 

そして、大きくなっていく娘の記憶からもやがて消えてしまうのでしょう。

現に、4歳の息子に授乳時期の話を聞いても、きょとんとしています。

 

しかし、この時間はわたしの宝物

4年前の息子の分と一緒に、時々この「至福のとき」を自分の心の中から取り出して

眺めたり、抱きしめたりしたいなあと思います。

 

抱っこしているときの角度から見える、おでこのかたち。

吸うタイミングが合わなくて、豪快にむせてしまう失敗。

飲みながら、ねんねもウンチもチッチも、全部できる不思議。

半目でわたしを見て安心し、再び飲み始める愛しさ。

 

全部、覚えておけるかな。

ママ忘れっぽいから、ちょっと不安ですが・・・。

 

抱えきれないほどの思い出という名の宝物。

こればっかりは、親の特権ですね。

f:id:irokara:20190418003301j:plain

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日も素敵なミルクタイムが、世界中に生まれますように。

 

更新記録

2019年9月17日

2019年4月8日の記事をリライトしました。

この記事を書いてからちょうど半年、まもなく娘は1歳です。

懐かしく、愛しく、幸せな気分になりました。

まだ夜中の授乳はなくならず、慢性的な寝不足ですが、頑張る力が沸いてきました。

 

▼よろしければこちらもどうぞ▼
www.karafuru.site

www.karafuru.site