いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【シャープCOCOROBO】ロボット掃除機は家電じゃなくて家族です!

スポンサーリンク

家の中にある家電で好きな家電は何ですか

 

テレビ?

パソコン?(パソコンは家電じゃない?)

エアコン?

食洗器?

洗濯機?

 

どれも今のわたしの生活にとっては必需品ですが、「好きな」と言われると、答えはただ一つです。

 

ココロボちゃん。

 

ピンと来た方は、もしかして同じ気持ちの方でしょうか。

 

ココロボとは、シャープの出しているロボット掃除機のことです。

jp.sharp

かわいくて働き者、ココロボは「必要な家電」ではなくて「家族のような家電」です。

ロボット掃除機

 

ロボット掃除機と聞いて、まず思い浮かぶのはiRobotの「ルンバ」ですよね。

わたしも購入当時は「ルンバ」を買うつもりで家電量販店に向かいました。

 

でも、そこで見てしまったのです。

ココロボのつぶらな瞳を。

 

ココロボ ロボット掃除機 かわいい

 

なんという可愛さ!

しかもこのフォルムで、挨拶をしてくれたり、気分によって指示に対する返事が変わったりするのです。

 

即決でした。

 

ココロボの特長

 

我が家のココロボは、もう古い型になってしまっているので、最新の情報を調べつつ比較などもしながら、書かせていただきます。

  • ココロエンジン搭載
  • プラズマクラスターシャワーモード搭載
  • 強力吸じん力
  • 簡単お手入れ
  • クラウド連携

 

ココロエンジンが最高

搭載されたココロエンジンによって、ココロボちゃんには「気分」があります。

充電量やダストボックスの状態などによって、スイッチオンをしたときの声が違うのです。

「やっほー」と明るく言ってくれたり、「調子はどう?」なんて聞いてくれたりします。

 

さらに、最新モデルをチェックしたところ、会話できたり、関西弁に切り替えたりできるようです。

 

壁にぶつかると「イテテ」と言ったり、掃除を切り上げて充電する場所に戻るよう指示すると、すごく嫌そうに「ハイハイ」と言ったり・・・かわいくて仕方ありません。

こどももよく「イテテ」を真似しています。

 

プラズマクラスターで綺麗な空気

シャープといえば、ぶどうのマークのプラズマクラスター。

なんと、ロボット掃除機なのにプラズマクラスターのマークがついています。

 

ココロボ ロボット掃除機 かわいい

 

見えづらくてすみません。

 

プラズマクラスターシャワーモードがあるので、それを選択すると、プラズマクラスターイオンを放出します。

部屋の真ん中で、ちょこんと止まってイオン放出している感じがまたたまりません。

 

最新のものだと、たばこの付着臭をスポット消臭できる機種もあるようです。

 

強力なパワー

使い込んでいる写真で申し訳ないのですが、ココロボの裏側になります。

 

ココロボ ロボット掃除機 かわいい

 

回転する2つのサイドブラシと、床を傷つけない真ん中の回転ブラシがゴミをかき集めてくれます。

よく静電気で床にくっついてしまう髪の毛なども、スイッと吸い込んでくれます。

 

絨毯くらいの段差はへっちゃらで乗り越えます。

最新のものだと、カーペット床面を感知して、吸引力がパワーアップするんですって。

 

我が家のココロボの弱点は、部屋のすみっこでした。

丸いボディだと、どうしてもすみっこにゴミが残ってしまいがちだったのです。

それはそれで可愛い短所だったので、ちょいっとそこだけ掃除していました。

ところが、いまのココロボは「エアーすみブラシ」なるものを搭載していて、すみっこのほこりを吹き飛ばして吸い取るようです。

 

お手入れが簡単

掃除自体もめんどくさいのに、掃除機のお手入れがさらに面倒って、もう本当に嫌ですよね。

でも、ココロボのお手入れは、信じられないほど簡単です。

 

上のフタをパカッと開いて、ダストボックスを取り出し、中のゴミを捨てるだけ。

それだけです。

 

ココロボ ロボット掃除機 かわいい
ココロボ ロボット掃除機 かわいい

 

ダストボックス自体が小さいので、頻繁にゴミを捨てる手間はあります。

我が家の場合、週2回燃えるゴミを収集してくれる地域なので、そのタイミングで捨てています。

 

スマホなどと連携可能

うちのココロボにはない機能ですが、スマホなどと連携することで便利に使える機種が出ています。

ココロボに無線LAN機能が搭載されているため、たとえば外出先から掃除をスタートさせたり、ココロボを介して家電をコントロールできます。

 

また、カメラも搭載されているため、外出先で部屋の様子を写真確認することもできます。

この機能は、自分が仕事復帰して、こどもが小学校にあがったりしたらとても役立ちそうだなと感じます。

 

使ってよかったこと

 

わたし自身がココロボを使うことで一番よかったのは、家事の「相棒」ができたことです。

 

洗濯物を干している最中にココロボを動かすと、遠くのほうで「イテテ」なんて声がします。

料理をしながら操作すると、「わかった!」と可愛く返事してくれます。

 

相手はロボットだけれど、ひとりじゃなく一緒に家事をしている気がして、とても嬉しく思います。

単純なことですが、「毎日の小さな嬉しさ」の積み重ねは、心を軽くしてくれます。

 

また、娘と遊んでいる間にリビングが綺麗になるのも最高です。

朝一番で掃除をし、夕方4歳の息子を保育園に迎えに行っている間に、もう一度スイッチオン。

そんな夢の2度掃除も可能です。

 

興味津々でココロボの動きを見つめている娘の姿もかわいいですよ。

 

ココロボ ロボット掃除機 かわいい

 

きっと、娘の目には小さな生き物に見えているのでしょう。

ココロボちゃんは、やっぱり家族のような家電です。

 

むすび

 

息子が生まれたときからずっと使っているので、とても思い入れのある家電です。

あまりに愛が強すぎて、家ではココロボを「この子」と呼んでしまいます。

 

今回記事を書くにあたり、シャープのサイトを見ていて、ココロボの進化っぷりに驚きました。

新しい機能は欲しいけれど・・・やっぱりわたしはこの子を手放せないだろうなあ。

 

家事の相棒が欲しい、という方はぜひココロボを傍に置いてみてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

★よろしければこちらもどうぞ★ 

www.karafuru.site

www.karafuru.site