からなび!

育児、生活、いろいろカラフル・ナビゲーション!

【アヲハタ2020】ジャムをたのしむキャンペーンに好感!朝の時短=みんな幸せの法則

我が家の朝食はパンです。

パンと飲み物(大人はコーヒー、こどもは牛乳)、サラダかフルーツ、ヨーグルトをポンポンポンッと並べれば、朝食準備が30分以内で終わります。

 

パンに塗るものは、家族がそれぞれ選びます。

そのため、冷蔵庫にはトレーに載せた「パンのお供セット」をスタンバイ。

 

パンのお供セット 時短

(・・・生活感アリアリな写真でスミマセン)

 

これを冷蔵庫から出して、テーブルの中央に置くだけ

ひとつひとつを出して並べるより、朝の時短に、かなり効果を発揮します。

 

そんなわたしが、今とても好感をもっている懸賞が、アヲハタ55「ジャムをたのしむ5点セット」プレゼントキャンペーンです。

 

アヲハタ ジャムをたのしむ5点セット

 

懸賞によくあるイマドキ賞品を集めたようなキャンペーンではありません。

 

スプーンとジャムを入れるカップ、天然木のトレー、という一見地味な感じのプレゼント内容。

でも、ひとつひとつを見てみると、とても上質で心のこもったものばかり。

 

そして何より、このセット内容!

これが朝の時短につながることを知っている方の企画に違いありません。

 

朝の時短は、朝食をつくるママやパパの悲願。

そして朝生まれる余裕は、家族の笑顔を増やします。

つまり、朝の時短はみんなの幸せなのです。

アヲハタ55「ジャムをたのしむ5点セット」プレゼント

応募締切

 

2020年4月30日(木)

※当日消印有効

 

対象

 

アヲハタのジャム・スプレッド商品全品です。

 

アヲハタ ジャムをたのしむ5点セット

(写真は一例)

ただし、アヲハタ55ジャム(13g)、アヲハタ塗るテリーヌ(20g)は除きます。

 

内容

 

ジャムをたのしむ3種5点セット が抽選で40名に当たります。

 

セット内容は以下の通り。

  • ジャム専用スプーン 2点
  • ジャムカップ 2点
  • オーガナイザー 1点

アヲハタ ジャムをたのしむ5点セット

 

ひとつひとつが、本当にジャム好きさんのために考えられ、集められたような品物です。

使い続けると、どんどん愛着がわいてきそうです。

 

スプーンはステンレス製で、長さ134mm・幅37mmです。

ジャムをすくいやすく、塗りやすい、ジャム専用仕様になっているようです。

ジャム屋さんのジャム専用スプーン、気になります!

 

ジャムカップはフランスのガラス食器ブランドであるデュラレックス製

物理強化ガラスで、容量120cc、口径90mm・高さ38ミリです。

 

オーガナイザーは、天然木で作られていて、とても温かみがあります。

冷蔵庫にまとめて入れられて、そのままテーブルに出してもオシャレです。

アヲハタのロゴもシンプルでいいな。

長さ286mm・幅107mm・高さ40mmで、使いやすそうな大きさです。

 

なお、アヲハタジャムのためのセットを「京都匙亀」が監修しています。

京都匙亀といえば、おしゃれなカトラリーで有名ですよね。

 

 

とても丁寧で美しく、まるで芸術品のようです。

 

応募方法

 

対象商品についているバーコードを1枚1口として、応募ハガキまたは市販ハガキに貼り、必要事項を明記の上、郵送します。

 

ちなみに、応募ハガキはこんな感じです。

必要事項の参考にしてくださいね。

(必要事項:郵便番号・住所・氏名・電話番号・購入企業名および店舗名)

 

アヲハタ ジャムをたのしむ5点セット

 

一人何口でも応募可能ですが、応募ハガキ1枚につき3口までの応募ですのでご注意ください。

 

アヲハタの公式サイトでキャンペーン情報を探したのですが、なぜか見つからず・・・。

なんでだろう、すごく謙虚なのかしら?

www.aohata.co.jp

 

 

むすび

 

懸賞が好きで、これまでに何度も応募してきました。

でも、ブログで懸賞やキャンペーンに関する記事を書くようになり、それらがただのプレゼント企画ではないことに気づき始めました。

 

キャンペーンをする企業の想いやメッセージが強いものには、なんだか感動してしまったりして。

 

当たると嬉しいプレゼント。

でもそれ以上に、いつも使うものたちがますます愛おしくなり、ほんのちょっと企業のことも身近に思える、そんな嬉しさもあります。

 

ますます、キャンペーン好きに拍車がかかる今日この頃。

あまりお財布の紐が緩まないように、気を付けたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

▼よろしければ、こちらもどうぞ▼   

www.karafuru.site

www.karafuru.site

www.karafuru.site