からなび!

育児、生活、いろいろカラフル・ナビゲーション!

ママのひらめきを【商品化】してみたい!そんなワクワクする夢をブログで実況します!

昔から、その辺に転がっているもので何かを作ることが好きです。

20年以上劇団で、役者と平行して小道具や衣装を手がけていたため、必要なものを作り出す瞬発力が身についたのかもしれません。

 

そんなわたしが、小さなひらめきを「商品」にしようと思い立ちました。

 

自分ひとりが使うのではなく、ひとつの商品として世の中に送り出してみたい。

でも、どうやって?

 

まったくの素人であるわたしの、新しい挑戦をブログで実況していきます。

今回は序章。

試行錯誤しながらの更新なので、かなり不定期なシリーズになると思いますが、応援していただけたら幸いです。

きっかけ

 

ただのひらめきが、なぜそんな大それた夢に発展したのか。

きっかけは、夫の一言でした。

 

こどもを2人寝かしつけた後、ぼんやり夫婦でお茶を飲んでいたとき、わたしはその日思いついた「ひらめき」を夫に話していました。

自分が困っていたことだったので、すでに試作品も作っていて、かなり上機嫌で語ったと思います。

だって、その日の使用感も完璧でしたから。

 

それを聞いていた夫が、しばらく試作品を見つめた後、言ったのです。

「それ、本当に商品にしたらいいのに」

 

ひらめきグッズをブログに載せて、せいぜいブックマークの増加程度を望んでいたわたしには、未知の単語でした。

商品化。

これ、商品になるの?

商品になったら、どうなるの?

 

f:id:irokara:20200328231227j:plain

 

ひらめきに価値はあるか

 

そのアイデアは、とても単純なものでした。

 

でも今まで市場では見たことがなかったし、シンプルゆえに使いやすく、作りやすいものです。

ほとんど原価もかかりません。

 

また、実際に使ってみた感じも申し分なく、同じ悩みを抱えている方にとって、とても有益なものであると感じました。

商品化したら、ちょっと世の中に「いいこと」ができそうです。

 

それに何より、「商品化」という言葉が夫から出たということが、わたしの背中を押しました。

夫の性格を一言で表すと、「平等なひと」。

他人も自分も、変に感情移入することなく平等な視線で見ることができるひとです。

そんな冷静でバランスのとれた第三者としての夫の言葉を、わたしは昔から信頼しています。

夫の目から見ても、この「ひらめき」はアリということなのでしょう。

 

ひらめきをどうするのか

 

アイデアや発明の商品化といって、まず素人アタマで考えつくのは【特許】です。

 

特許を取って、会社に売り込むこと。

それが商品化ということなのでしょうか。

 

でも特許なんて、生活の中で触れたことがないし、まったく分かりません。

どこに相談して、何を用意したらいいのか見当もつかない状態です。

 

また、似たもので「意匠」と「商標登録」があるようです。

何が違うの?

まずは、ここから勉強を始めなければなりません。

 

f:id:irokara:20200328231333j:plain

 

ひらめき(アイデア)を商品化するのは誰か

 

現時点では、わたしのアイデアは【ママがピーンとひらめいたただの思いつきです。

これを商品として世の中に送り出すのは誰なのでしょう?

 

自分自身?

それともどこかの企業?

 

自分でやるなら、ネットショップとかがよいのかもしれません。

企業にお任せするなら、どういう手段があるのでしょう。

そんなノウハウ、普通まったく持っていませんよね。

 

むすび

 

港町に住むひとりのママが、ある日ピーンとひらめいたアイデアが、ここにあります。

今はただの思いつきです。

 

それが、この先どんなふうに昇華していくのでしょう。

・・・あるいは、闇に葬られるのかもしれません(笑)。

 

どちらにしても、久しぶりに身震いするほどワクワクした気持ちになりました。

いつも、ワクワクする方へ舵を切る。

いくつになっても、そんな自分でありたいと思っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

↓この記事内容に、このタイトルの本を載せるのもどうかと・・・(笑)↓

↓でも面白いので貼っておきます↓

 

▼よろしければ、こちらもどうぞ▼
www.karafuru.site

www.karafuru.site 

www.karafuru.site