いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【アイスバーメーカー】簡単だけどハイテンション!4歳のクッキング体験。

スポンサーリンク

梅雨明けとともに、今年も猛暑到来です。

 

夏と言えば、アイス!

冬のアイスも美味しいですが、やっぱりアイスといえば夏!

この時期のわたしの使命は【冷凍庫のアイス在庫を切らさないこと】であります!

 

でも最近のアイスは、とっても美味しくなった反面、お高くなりましたよね・・・。

 

f:id:irokara:20190804214506j:plain

 

コンビニアイスとか、たまらなく美味しいけれど、お値段が高すぎて毎日は食べられません。

 

お財布にやさしく、毎日アイスを食べたい!

そんな願いを持つすべての方へ、ダイソーの「アイスバーメーカー」をおすすめします。

アイスバーメーカー

 

アイスバーメーカーとは、その名前のとおり、アイスバー(アイスキャンディー)を作る容器です。

 

ダイソー アイスバーメーカー
ダイソー アイスバーメーカー

 

色合いからして、キュートです。

即買いでした。

 

パッケージにあるような、インスタ映えするアイスを作るのはハードルが高いですが、我が家としてはジュースを入れるだけで満足です。

 

Let'sクッキング

 

最近4歳の息子が、キッチンに「おてつだい~」と言いながら現れます。

食べるものを作ることに、興味が出てくる時期なんでしょうね。

 

そんな息子と一緒に、アイスバーを作ることにしました。

 

といっても、ジュースを選んで流し込むだけなのですが、なぜだか「流し込む」だけなのに異常なテンションです。

そして、なぜだか「流し込む」だけなのに、いくつも失敗を重ねて笑いを取る息子。

こどもは「楽しむ天才」です。

 

ダイソー アイスバーメーカー
ダイソー アイスバーメーカー

 

持ち手になるフタを外して、4つ連なった容器にジュースなどを入れるだけです。

このとき、枠の高さより1センチ低く入れるのがコツです。

4歳児には1センチが分かりづらかったので、入れる位置に輪ゴムをはめました。

(それなのに、目いっぱい入れる息子・・・なぜだ・・・)

 

大人がやったら、5分もかからないで冷凍庫まで入れられてしまう作業。

こどもと一緒だと、15分くらいかかりました。

 

でも、とても楽しい時間でした。

こどもとの料理は、すべての食材に美味しさと幸せの魔法をかける気がします。

 

ジュースを入れてフタをしたアイスバーメーカーを、冷凍庫に入れて冷やします。

このとき、水平になるようにして入れないと中身がこぼれます(密封ではありません)。

f:id:irokara:20190606112307j:plain

4つ並んでいるため、結構大きいです。

冷凍庫で場所をとるのが誤算でした・・・。

購入時に、そのまま冷凍庫に入れることをイメージして購入してください。

 

完成したアイスバー

 

3時間くらいだと、まだやわやわしていたため、我が家は一晩冷やし固めました

取り出しの際に、水に容器を少し浸けておくと取り出しやすいです。

 

4本中1本くらいは、アイスから取っ手が抜けて失敗するかな、と思っていましたが、どれも綺麗に容器から外れました。

 

ダイソー アイスバーメーカー

 

シャクシャクして、とてもおいしかったです。

いろんな味を楽しく作れるのも魅力ですね。

ジュースじゃなくて、麦茶とかで作ったら、0歳の娘も少しは気分が味わえるかしら。

ただの水を入れて、氷遊びをするだけでも楽しそうです。

 

ちなみに、このアイスバーメーカーを洗う場合、先の部分が細くてスポンジがうまく届かないのが難点。

水筒などを洗う際に便利な「キュキュット CLEAR泡スプレー」があると、楽かもしれません。

 

おまけ

 

アイスバー作りの様子を1分40秒ほどの動画にしました。

こどもの嬉しそうな姿が、夏の暑さを忘れさせてくれます。

短めなので、納涼気分でご覧ください。

 


ダイソー【アイスバーメーカー】で、4歳息子とアイスを作ってみました

 

ちなみに、動画の中の輪ゴムをとめている位置だとジュースが少ないようです。

あくまでも「てっぺんの枠から1センチ下」が目安ですので、ご注意くださいね。

 

むすび

 

以上、ダイソーで購入した「アイスバーメーカー」がかなり良かったのでレビューしてみました。

 

こういう容器は、100円ショップ以外でも売っていて、キャラクターなど可愛いものも多いです。

でも、特にこだわりがなければ、100円ショップで十分だとわたしは思います。

 

おうちで手軽にアイスバーづくり、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

(はてなブログの今週のお題、「わたしのイチ押しアイス」に参加しています)

 

〇食べられないアイスのおもちゃです〇 

www.karafuru.site

〇100円ショップの記事です〇 

www.karafuru.site