いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【クレヨンのバラ売り】減る色は決まっているから、まるごと買うより断然お得です

スポンサーリンク

4歳になってから、息子がお絵かきに目覚めました。

それまでは「かいてー」と、クレヨンや色えんぴつをパパママに渡し、自分はもっぱら見るだけだった息子。

それが最近、堰を切ったように毎日毎日、クレヨンで絵を描くようになりました。

 

自分の好きな絵を描いてほしい欲求から、自分の好きな絵を描く欲求へ。

とても嬉しい成長でした。

 

嬉しい反面、気になるのはお絵かき帳やクレヨンの消費量

今日のブログはクレヨンの新調・買い足しについて書きたいと思います。

なくなる色=好きな色

 

お絵かき帳は100円ショップでまかなえます。

でも、クレヨンに関しては息子が小さな頃からずっと使っているものがあります。

サクラクレパスの「水でおとせるクレヨン」は、折れにくくて発色もよく、汚れてもすぐに拭き取れる優れもの。

こどもの手になじむ太さで、息子も気に入っているため、できればこのまま使い続けたいです。

 

でも、よく使う色はすぐになくなってしまう・・・。

 

水でおとせるクレヨン バラ売り
水でおとせるクレヨン バラ売り

 

もうクレヨンに巻いてある紙も取れて、だいぶボロボロですが、息子の宝物です。

 

見ると、赤が虫の息

それから、茶色と黒も減っています

 

息子は大の消防車好きなので、一番好きな色は「赤」です。

何を買うにしても、食べるにしても、必ず赤いものを選択します。

また、茶色や黒を使って大好きなカブトムシやクワガタを描いているのが良く分かります。

 

クレヨンを見ると、息子の好きな色や好きなものが見えてきます。

 

好きなものを、好きな色を使って思う存分描いて欲しい。

でも、その他の色は長いままのクレヨンを新調するのは、ちょっともったいない気がしますよね。

すぐにまた、同じ色がなくなるのが分かっているし。

f:id:irokara:20190623000624j:plain 

クレヨンのバラ売り

 

しばらく悩んでいたら、「水でおとせるクレヨン」は1色ずつバラ売りしていることを知りました。

全色、取り扱いがあります。

ちょっと割高ですが、全部を新しくして、またすぐ赤だけなくなってしまう、なんて事態を考えればコスパがいいです。

 

上のリンクは5本セットのものですが、調べれば1本から購入できるサイトもありました。

 

迷わず、赤と茶色と黒を購入。

メール便を利用できるところを選べば、送料もそれほど高くないので、いろいろ比較してみてください。

 

むすび

 

長かったクレヨンが、いつの間にかチビちゃんになって息子の指に握られている。

息子の成長の証のようで、そして「好き」のパワーが見えるようで、できるだけ支えてあげたいと感じます。

 

同時に、なんでもかんでも買い与えるのではなく、自分のものを長く大切に扱ってほしいとも思っています。

 

そのふたつを叶える「バラ売り」は、とても良いシステムだと思いました。

これからクレヨンの購入を検討する方は、ぜひ「バラ売り」しているかどうかも調べるといいかもしれません。

こどもの好きな色は、絶対に他の色より早くなくなりますから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

★よろしければこちらもどうぞ★ 

www.karafuru.site

www.karafuru.site