からなび!

育児、生活、いろいろカラフル・ナビゲーション!

【ちょこっとプッチンプリン】常温OK!いつでも手軽に食べられる、一口サイズのかわいいプリン。

先日、プッチンプリンのキャンペーンについて記事を書きました。

 

www.karafuru.site

 

このとき、プッチンプリンを初体験した5歳の1歳のこどもたち。

ぷるんっとしたプリンを大好きになりました。

 

しかし。

プッチンプリンって、わりと大きいんですよね。

甘ーいということは糖分もたっぷりで、市販品なので添加物も入っているため、大人にはちょうど良くても、幼児には1個まるまるあげるのは気が引けます

 

だけど、現在のおやつ事情は緊急事態。

パッと用意できて、こどもが大喜びするおやつとして、プッチンプリンを今さら外せません。

 

そんなことを思っていたら、なんと小さな小さなプッチンプリンを見つけました!

 

ちょこっとプッチンプリン

 

小さっ!

しかも常温保存可能です。 

 

早速購入してみたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ちょこっとプッチンプリン

 

グリコ「ちょこっとプッチンプリン」は、小さめなポケット菓子ほどの大きさ。

調べて見ると、2020年4月6日(月)にリニューアルしたそうで、プッチンプリン史上最小サイズだそうです。

 

ちょこっとプッチンプリン
ちょこっとプッチンプリン

 

中は、ひと口サイズのプリンが6個

プッチンプリンという名前ですが、プッチンする突起はついていません。

 

ちょこっとプッチンプリン
ちょこっとプッチンプリン

 

えっ!?

お皿にプッチンできないの!?

そしたら、こどもの喜びは半減しちゃうけど!?

 

そう思って試してみたら、かなりきれいにお皿に出すことができました。

 

ちょこっとプッチンプリン
ちょこっとプッチンプリン

 

プッチンはできませんが、一口サイズのゼリーと同じように、容器をつまんで押し出すことが可能です。

 

小さいけど、立派にプリンの姿をしているところに健気さを感じます。

これなら、こどもに1個与えても、罪悪感が少ないな。

大人はスプーンなしで、ひょいっと食べられて便利ですしね。

 

ちなみに、

「プッチンプリンというより、プッチュンプリンだね」

と5歳の息子が命名したので、我が家では今日から「プッチュンプリン」になりました。

 

1個で29キロカロリー。

 アレルギー物質は、卵・乳成分なのでご注意ください。

 

ちょこっとプッチンプリン

 

包装に「いつでもパクッ」とあるように、常温保存可能です。

 

今はこどもたちのおやつとして注目していますが、保育園登園が始まって落ち着いてきたら、ランチや小腹が空いたときのデザートとして、会社の引き出しにしまっておくのに便利ですね。

それから、小学校にあがったら、遠足のおやつとしてもいいかもなあ・・・なんて、想像しています。

 

味の感想

 

ひとつずつ、バラバラにできるので食べる量を調整できるのがいいです。

こどもには1個、わたしは2個用意しました。

 

味は、ほとんどプッチンプリンと同じ味です。

 

しいていうなら、初めて食べたときには常温で出したため、通常サイズのプリンよりも甘味が強く感じました。

冷やすと、食べなれたプッチンプリンの味。

 

常温保存可能ですが、甘いものが苦手な方は、冷やして食べることをおすすめします。

しっかりした味なので、夏は凍らせても美味しそうです。

今度試してみようと思っています。 

 

むすび

 

スーパーに行く機会が減り、なかなか面白い商品を見つけることが難しくなりました。

それでも、少しアンテナを張って見渡すと、「おっ!」と思うものが目に飛び込んできます。

 

思いがけない出費が増え、お財布の紐も固くなりがちですが、たまに小さなご褒美を家族や自分にあげるのも悪くないですよね。

あくまでも、たまーに。

いつもじゃ困りますが。

 

こどもにとってのご褒美は、毎日のおやつ。

わたしにとってのご褒美は、嬉しそうに食べるこどもの笑顔。

 

プリンなんて手作り簡単だよ!という声を聞くと、肩身が狭いです。

実際、そうなんでしょうし。

 

でもこどもと親、お互いが無理をしないでニコニコしていられるなら、なんだっていい

今は、そう思っています。

 

あれはダメ、これはダメ、あれをしなきゃ、これをしなきゃ。

そう追い立てられていたら、このご時世、どんどん苦しくなってしまいますもんね。

 

毎日を忙しく頑張っているみなさま、たまにはプッチンプリンの甘い誘惑に負けてもいいと思いますよ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

 

▼よろしければ、こちらもどうぞ▼ 

www.karafuru.site 

www.karafuru.site

www.karafuru.site