いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【金沢動物園】「むし・虫・カブトムシ!展」に行ったら、園内を飛ぶブルー・ビーまで見られました

夏休みは昆虫に関するイベントが多いですね。

わたしの住む横浜も、虫で盛り上がっています。

 

www.karafuru.site

 

まずは、どこに行こう?

昆虫大好きな4歳の息子を連れて、まずは金沢動物園の「むし・虫・カブトムシ!展」に行ってきました。

横浜市立金沢動物園

 

横浜の動物園というと、まずはズーラシアの名前があがりますが、金沢動物園も市民にとても愛されている動物園です。

 

金沢動物園

 

横浜市立金沢動物園(よこはましりつ かなざわどうぶつえん)は、神奈川県横浜市金沢区釜利谷東にある市立動物園。金沢自然公園内に位置する。(中略)
希少草食動物を中心とした動物園。草食動物の飼育のために広い飼育スペースを誇り、ここにしかいない動物も多い。無柵放養式展示の動物地理学的展示(地理学展示)をとっている。 

引用:横浜市立金沢動物園 - Wikipedia

 

金沢動物園は、「ユーラシア区」「アフリカ区」「オセアニア区」「アメリカ区」の4つの区に分かれています

ゾウ、キリン、オカピ、コアラ、カピバラなど、人気の動物がそれぞれの区にうまくバラけて生息しています。

 

金沢動物園
金沢動物園
金沢動物園
金沢動物園

 

ユーラシア区

インドゾウ

インドサイ

ニホンカモシカ

スーチョワンバーラル

シロテテナガザル

ホンシュウジカ

タンチョウ

イノシシ

ニワトリ

 

アフリカ区

モモイロペリカン

ヒガシクロサイ

アミメキリン

アラビアオリックス

オカピ

 

オセアニア区

コアラ

オグロワラビー

アオバネワライカワセミ

オオカンガルー 

 

アメリカ区

オオツノヒツジ

シロイワヤギ

カピバラ

ベアードバク

 

このほか、ヒツジやヤギにエサをあげることのできる「ほのぼの広場」やたくさんの休憩広場などがあり、一日のんびり散策できます。

 

金沢動物園
金沢動物園

 

この動物園を個人的に好きな理由は、2つあります。

  • 日陰の多い園内
  • メッセージ性がとても強い

 

どの動物園でも、たいていとにかくよく歩きます。

真夏に動物園に行くとなると、炎天下の移動を覚悟することでしょう。

しかし、金沢動物園を歩いてみると、歩道が木々に守られていて、移動中ほとんどと言っていいほど日陰の中を歩くことができます

もちろん夏の暑さはありますが、頭から熱線を浴びるということは少ない方だと思います。

 

ベビーカーを利用していても、スムーズに展示スペースに向かえる。

休憩所には、当たり前のように授乳室や調乳用のスペースがある。

そして、おそらく計算された日陰の多さ。

決して派手な動物園ではないけれど、優しさと自然のあふれる素敵な動物園です。

 

金沢動物園
金沢動物園
金沢動物園

 

また、メッセージ性に関しては、動物園の入り口にある「なかよしトンネル」にもよく現れています。

 

「なかよしトンネル」とは、植物区と動物園を結ぶトンネルで、イッツアスモールワールドのようなメルヘンな空間です。

歩けば数分。

でも、ひとつひとつの展示に願いが込められているのが、とても伝わってきます。

 

金沢動物園


植物も、動物も、ひとも。

みんななかよし、みんなともだち。

すべてのものが、共に生きることを理解する。

 

祈りに近い願いに、圧倒されます。

 

30秒ほどの簡単な動画を作りました。

雰囲気だけでも伝わると思いますので、よかったらご覧ください。


【横浜市立金沢動物園】なかよしトンネルはこんな雰囲気です♪

 

むし・虫・カブトムシ!展

www.hama-midorinokyokai.or.jp

基本情報

期間

2019年7月13日(土)~8月25日(日)

※カブトムシ観察ゾーンは8月18日(日)まで

場所

身近な生きもの館:珍しい昆虫の展示

カブトムシ観察ゾーン(円海山ゲート付近):カブトムシに触れることが可能

 

身近な生き物館

金沢動物園 カブトムシ展

 

世界最長のヘラクレスオオカブトや、美しいニジイロクワガタ、パラワンオオヒラタクワガタなど、人気の外国産の昆虫が展示されていました。

それだけでなく、横浜に住んでいるトカゲなども紹介されていて、改めて見ると美しさに気づかされました。

 

ただ想像していたよりも展示会場が狭く、このイベントをメインに考えていると、あっさり見終わってしまうかもしれません。

 

金沢動物園 カブトムシ展
金沢動物園 カブトムシ展

 

カブトムシ観察ゾーン

金沢動物園 カブトムシ展

 

国産のカブトムシが放し飼いになっているので、間近でじっくり観察することができる場所です。
わたしは0歳の娘を抱いていたので、外で待っていましたが、ひっきりなしにメモやカメラを持った男の子たちが入っていきました。

夏休みの研究にも最適なのでしょうね。

 

むすび

 

金沢自然公園の中に位置しているだけあり、とにかく自然の多い動物園でした。

動物たちものびのびとして見え、すれ違うお客さんも穏やかに笑っている方が多かったです。

 

また、金沢自然公園内には巨大ローラーコースターがあります。

動物園散策を終えた後、息子はしばらくローラーコースターから帰ってきませんでした。

すべり台好きなわたしですが、0歳の娘を炎天下にさらすわけにもいかないので、今回は諦めてカフェでまったりとしておりました。

 

金沢自然公園
金沢自然公園

 

この自然公園で、青いハチを見つけました。

夫と「珍しいね」と話していたら、ちょうど通りかかったスタッフの方に、「見ると幸せになるハチなんですよ」と教えてもらいました。

幸せのブルー・ビーと呼ばれていて、とても珍しいんだそうです。

 

金沢自然公園 青い蜂

 

写真が分かりにくくてすみません。

真ん中に青いハチ、見えますでしょうか?

このブログを見てくださったみなさまに、幸せがたくさん訪れますように! 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

★よろしければこちらもどうぞ★ 

www.karafuru.site

www.karafuru.site