いろいろとカラフルです

4歳と0歳の兄妹を育てている、元ナレーターママの育児ブログ

【工作】ダンボールでプラレール収納棚を作る!こどもが自分で片づけるには「見てすぐ分かる」が重要

スポンサーリンク

こんにちは、karafuruです。

0歳娘が本格的に動き出す前に、と始めた上の子のおもちゃの片付け

 

始めに手をつけたのは、おままごとセットでした。 

www.karafuru.site

この頃の娘は6ヶ月。やっと寝返りをマスターした頃です。

 

次に着手したのはトミカをはじめとしたミニカー集団。 

www.karafuru.site

www.karafuru.site

4月に作ったミニカータワーは、現在も現役バリバリで息子が活用しています。

 

そして、さらに片づけたのが絵本の山。 

www.karafuru.site

この時点の娘は、うしろずり這いの真っ最中。

ダンボール絵本箱は、今や娘の行動範囲と息子の遊び場を隔てる壁の一部として、立派に役割を果たしています。 

そのうち、娘もこの絵本箱から好きな絵本を取り出してながめるのでしょう。

 

さてこのシリーズ完結編の今回は、「電車のおもちゃ」=プラレール収納です。

プラレール収納を考える

 

プラレールの歴史は長く、今年で60周年だそうです。

それだけこどもを魅了する力があるおもちゃなんでしょうね。

息子も例外なく、プラレールが大好き。

プラレールを動かすモーター音が怖くて泣いていた頃は手ころがしで遊び、4歳になった今は自分でレールを組み立ててレイアウトを考えるようになりました。

大事にしているプラレール。

でも収納は、いまいち大事にしていなくて、あっちに電車、こっちにレール、むこうに情景(踏み切りや駅などのこと)・・・とバラバラでした。

 

これじゃ、いかん!

 

いけないことは分かっているのですが、どう片付けてよいやら思いつきません。

だってとにかく種類が多く、形もバラバラなのです。

 

レール:直線、曲線、坂道、複線、長いの短いの、切り替え付き・・・等々

電車:新幹線、在来線、機関車、貨物列車、キャラクター、マクドナルドのもの・・・等々

情景:踏切、駅、トンネル、高架、積み下ろしセット的な大きい情景・・・等々

 

これだけ種類があると、それぞれが別のおもちゃという感覚になってしまいます。

結果として電車はミニカーに近いところに置き、レールはブロックに近いところ、情景はトミカパーキングのような他の大きなプラスチック製おもちゃの近く・・・といった配置になっていました。

 

でも、そんな行き当たりばったりな収納だと、大人だってどこに置くか悩むんだから、こどもが片づけられるはずがありません

こどもが自分で片づけられるようにするには、見てすぐ「ここだ」と分かる、おもちゃの家=住所が必要なのです。

 

プラレール専用棚を作ろう

 

プラレール関連は一か所にまとめよう!という方向性が決まり、取り出したのはやはりオムツのダンボール。

我が家の魔法の道具です。

 

材料

オムツのダンボール:2個

引き出し用ダンボール:4個

ガムテープ

100円ショップで売っているリメイク用シート:適量

 

オムツのダンボールですが、我が家はムーニーのSサイズ、3パック入りのダンボールを2個使いました。

プラレールが入るだけのそこそこ大きいもので、同じ大きさのものが2個あれば、何でもいいと思います。

 

引き出し用のダンボールとは、オムツダンボールにセットして、引き出しにするための箱です。ジャストミートな大きさを探してください。

そして、この探し出す作業こそ、今回の工作の山場です。

それ以上難しい作業はありませんので、がんばってくださいね。

 

作り方

材料でも書いたとおり、引き出しの大きさが決まってしまえば、もうほぼ作業はないので、写真でイメージだけお伝えします。

 

まず、オムツのダンボールを2つ重ねてガムテープで留め、引き出しを配置します。

 

ダンボール棚 プラレール収納

 

もうすでに、出来上がりのイメージがつきますよね。

情景などを入れる引き出しは、取り出しやすいようにカッターで斜めにカットしました。

 

ダンボール棚 プラレール収納
ダンボール棚 プラレール収納
情景を入れる引き出しです

もろ、西松屋さんのおしりふきシートのダンボールですみません(笑)。
加工なしの方が、分かりやすいので許してください。

情景のほか、レールや電車などプラレールを入れて大きさを確かめます。

 

ダンボール棚 プラレール収納
ダンボール棚 プラレール収納
ダンボール棚 プラレール収納
引き出しにプラレールを入れる

よかった、ぴったり納まりました。

組み合わせると、こんな感じです。

 

ダンボール棚 プラレール収納

 

今のところ我が家は2段で納まるようです。

もし増えてきたら、もうひとつダンボールを重ねて3段の棚にすればよさそう

こういう気持ちの楽さが、ダンボール収納のいいところですね。

 

おしりふきシート丸見えのままでは、あまりにもうら悲しいので、ダンボール工作に万能な「リメイクシート」で仕上げます。

絵本箱やダンボールキッチンと同じ柄のシートを使うと、統一感が生まれスッキリした印象になります。

 

ダンボール棚 プラレール収納

 

シートを貼るのと貼らないのでは、全然見栄えが違いますね。

100均でこの実力。なんて恐ろしい子・・・。

 

こどもの反応

 

こどもは、引き出しを出したり戻したりする作業が案外好きです。 

引き出しのところに、「れーる」「でんしゃ」「ふみきり、えきなど」と書いて貼っておけば、迷うことなくお片付け練習ができます

ひらがなを読み始める前は、イラストや写真を貼ってもよいと思います。

 

うちの場合、床に落ちているプラレールについては片付けられるようになりました。

しかし、自分で作ったレイアウトを壊したくなくて「片付けない!」と言うことが多くなり、頭を抱えております。

現在は写真に撮ってから片付ける、という方法を試していますが、やっぱり本音はそのまま置いておきたいようです。

うーん。我が家の次の課題です。

 

むすび

 

以上、オムツのダンボールを使ったプラレールの収納棚をご紹介しました。

組み合わせるダンボールさえ見つかれば、あとはちょちょいのちょい、で完成してしまいます。

 

おままごとセット、ミニカー、絵本、プラレール、と4歳児のおもちゃの大半がまとまったので、わたしとしても一安心です。

娘よ、もう思う存分動きまくってOKよ!

と思って見たら、9ヶ月になった娘がもくもくとつかまり立ちの練習をしていました。

 

9ヶ月 つかまり立ち

 

早いわっ!

 

娘がだんだん大きくなって、息子と同じような好みであれば、多少片付けの手間としては楽ですが、そう上手くいくはずがありません。

きっとこれから先、好みのおもちゃも変わってくるのでしょう。

そのたびに母は、ない知恵をしぼって収納をがんばるから、安心して成長してね。

 

簡単な収納棚の作り方でしたが、なにか一つでもお読みいただいた方のヒントになれば嬉しいです。

 

 

〇こんな記事もあります〇  

www.karafuru.site

www.karafuru.site