からなび!

育児、生活、いろいろカラフル・ナビゲーション!

【乳幼児番組】テレ東「シナぷしゅ」レギュラー化。こども目線の「レーズンほじほじ」にやられました!

以前、テレビ東京の「シナぷしゅ」を紹介しました。

 

www.karafuru.site

 

民放初の赤ちゃん番組

2019年12月に1週間放送され、当時録画したものを大事に何度も見ていた我が家。

この4月からレギュラー化したので、再度ご紹介したいと思います。

 

乳幼児向けの番組といえばEテレ。

現在のテレビの中で、一番攻めているのはEテレだと思えるくらい、本当に充実しています。

 

でも、テレ東。

夫もわたしも、ほどよく抜けた力感と、面白いことを仕掛けるのが上手なこの局のファンなのです。

 

こども向けだけど、プラスアルファ。

Eテレとは違う何かを、きっと見せてくれるはず。 

シナぷしゅ

 

テレビ東京の社員さんの中で、子育て奮闘中の方が集まり始動したのが、「赤ちゃんプロジェクト」

制作局、アナウンス部、ビジネスセクションから、実際にパパママの社員がプロデューサーとして参加し、「自分の子供に見せたい」と思えるコンテンツを作りました。

 

さらに、テレビの枠を超えてネット配信やラジオなども展開

親が「見せたいときに、見せたい方法で」を実現してくれようとしています。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

放送日時

 

毎週月曜~金曜

あさ 7:35~8:00(テレビ東京系列6局ネット)

夕方 5:30~5:55(テレビ東京ローカル)

 

コンテンツ

 

0~2歳の乳幼児向けに、2分ほどの短いコンテンツで構成されています。

 

【コーナー紹介】

  • はじまりぷしゅ(オープニングソング)
  • うごく もいもい
  • せかいの いないいないばぁ
  • あいうえーお!のうた
  • ヒカリの森の黒うさぎ(切り絵アニメ)
  • ビリビリ/どてっ/どうぶつ落っちんぐ
  • がっしゃん
  • マンマタイム(幼児食レシピ)
  • ABC
  • カタチクイズ/レーズンほじほじ/スケッチモーション
  • おわりぷしゅ(エンディングソング)

 

ホームページに掲載されているコーナーと、わたしが把握しているコーナーです。

本当にたくさんあるなあ、という印象。

もしかしたら他にもあるかもしれません。

 

ここで特筆したいのは、「レーズンほじほじ」

なんと、レーズンパンの中のレーズンを、こどもが指でほじほじするというコーナーです。

声楽のような音楽と、最後にほじったレーズンを「1、2、3」と教育テレビばりに数えだすセンス。

たまりません。

これでこそ、テレ東です。

 

だって、レーズンほじるの、こども好きですもんね。

大人はいい顔しないけど、いつの時代もこどもはレーズンほじほじしてますもんね。

決してEテレでは、クローズアップされることのない「ほじほじ」。

 

まだスタートから1ヶ月。

おとなしめのコーナーで様子をうかがっている中、こんなものを放り込んでくるテレ東が大好きです。

 

また、離乳食や幼児食など、ママを助ける真面目なレシピ紹介が続いていた「マンマタイム」。

 

ミカンの缶詰の蓋をあけて、缶のままゼラチンをぶっこんで冷蔵庫で固める、という突如「こども目線」のレシピが登場しました。

 

いや、おいしそうですよ。

すごくいいですよ、このレシピ。

 

でも。

テレビで数分使って、アナウンサーのナレーションも使って、綺麗なカメラ映像も使って、缶詰まるごとゼリー!

 

最高です、テレ東。

きっとマンマタイムも、少しずつ路線が変わっていく予感。

 

\以前、マンマタイムを参考に作ったランチ/

シナぷしゅ マンマタイム

 

むすび

 

時として目線が大人寄りになりすぎて、こどもの目線から離れてしまうことも多いですよね。

 

毎日の生活でも、そう。

 

おとなしくて、いい子ね。

よく寝て、いい子ね。

 

おとなしい性格の子も、もちろんいい子。

でも、いろいろなことに興味を持って、飛び跳ねてる子だっていい子。

 

よく寝る子も、もちろんいい子。

でも、もっと遊びたくてワクワクして、目が冴えてしまう子だっていい子。

 

大人の都合ですべての枠を決めることは、こどもにとってはとても不自由なんだと思えます。

 

レーズンをほじることを認めたり、缶詰からズポッとゼリーのタワーを取り出したりすることができる「シナぷしゅ」。

それは、番組を作っているスタッフの方が、こどもに最大限の敬意を払っているからこそ。

 

この番組を見ると、自分も知らず知らずのうちに「大人寄り」の視線になっていることに気づかされます。

 

Eテレが「こっちにおいで!」と導くタイプの番組が【幼稚園の先生】とするならば、テレ東は「いっしょに遊ぼう!」と手をつなぐ【保育園の先生】という気がします。

 

こども寄りの思考と視線を持った「シナぷしゅ」、ますます独自性を持って突き進んでいくことを期待しています! 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

▼よろしければ、こちらもどうぞ▼

www.karafuru.site 

www.karafuru.site 

www.karafuru.site 

www.karafuru.site