からなび!

育児、生活、いろいろカラフル・ナビゲーション!

テレワークで在宅保育。リビングにこどもが遊べる場所を作ろう【あつ家】あつまれじぶんのお家!

コロナウィルスの影響でテレワークとなりました。

しばらくは1歳と5歳のこどもたちを保育園に預けていましたが、数日前から登園自粛をすることに。

 

在宅勤務と在宅保育。

 

幼い我が子の健康や、保育園の先生方の負担を考える一方で。

やんちゃ真っ盛りの5歳の息子と、あんよ真っ盛りの1歳娘の安全を守りながら、現在のパフォーマンスで仕事をこなせるのか?

とても不安で迷いました。

 

でも、tammy (id:tammy3mama)さんのブログを読んで肩の荷がおりました。

tammy3mama.hatenablog.com

 

会社で上司のゲップを聞くよりも、お局の愚痴を聞くよりも、お菓子を食べている人の音が聞こえるよりも数倍我が子のうるささの方がマシだと感じています。 

引用:テレワーク5日目、保育園の登園を自粛しています。 - tammy's blog

 

たしかにー!

もう、ほんと確かに!! 

さらに記事は「問題なく在宅保育との両立ができている」と断言。

この記事を読んだ翌日には、保育園に電話をかけて在宅保育をスタートしました。

 

オフィスには大人しかいません。

大人しかいないので、仕事の効率は上がります。

しかしながら、大人しかいないからこそ、心がすさむこともありますよね。

 

我が家にはこどもがいます。

こどもがいると、仕事の効率を保つのが困難かもしれません。

しかしながら、こどもがいるからこそかなう、やわらかな仕事空間が生まれるかもしれません。

 

とはいえ、そんな甘い夢ばかり見ていては、仕事ができないことは分かり切っています。

現実は、甘くない。

 

そこで、こどもが喜び仕事がはかどる環境をここ数日必死に考えています。

 

どうしたら、こどもがストレスなく一日部屋で過ごせるのか。

どうしたら、わたしがストレスなく一日仕事できるのか。

どうしたら、毎日を笑って楽しめるのか。

 

大好きな工作をフルに活用しながら、日々リビングを改造しています。

 

欲しいけれど、なかなか手に入らない「あつまれどうぶつの森セット」。 

www.karafuru.site

 

自分で作った無人島で、癒し空間を存分に味わうのもアリ。 

 

でも、今わたしがしなくちゃいけないのは、この【わたしの仕事場】兼【こどもの遊び場】となるリビングを作り込むことなんだと思えます。

だからこそ、「あつ森セット」が手に入らないのかも・・・しれません。

 

しばらくこの計画を「あつまれじぶんのお家(うち)」、【あつ家】計画として更新していきます。

ああでもない、こうでもない、と試行錯誤するうちに、パラダイスのようなリビングが完成するはずです・・・たぶん。

 

同じように、在宅勤務で在宅保育を始めた方々、もしくは迷っているみなさまの、ちょっとした参考になれば嬉しいです。

リビング改造

 

いつも食事をとるリビングに小さなノートパソコンを持ち込んで、わたしはテレワークをしています。

 

テレビとソファとダイニングテーブル、それからほぼ物置になっているベビーベッドの置かれた部屋。

このリビングを、仕事もできて、こどもも遊べる部屋にしなければなりません。

 

まずは、こどもが長時間喜びそうなものをリビングに持ち込みました。

在宅保育に切り替えようと決めて実行するまで1日しかなかったので、初日はすべて自宅にあったものを使います。

 

まずはこちら。

ダンボールハウス 手作り

 

部屋の中央にダンボールハウスを持ってきました。

息子も娘も気に入ってくれていて、作成から4ヶ月経ってもまだ飽きずに遊んでいるマイホームです。

 

\ダンボールハウスの作り方/

www.karafuru.site

 

それから、お絵かきの場所は新聞でガード

 

お絵かきスペース 在宅保育

 

日中ずっとそばで見ているわけにいきません。

仕事が終わって部屋を見渡したら、「床一面がクレヨンまみれだった!」という悲劇は避けたい・・・。

 

となりには、水でお絵かきできる「スイスイおえかき」のシート

 

お絵かきスペース 在宅保育

 

これは、娘へのクリスマスプレゼントです。

お水を入れたパレットを使ってスタンプをしたり、手形や足形を押したり、ペンでお絵かきしたり・・・1歳の娘だけでなく、5歳の息子もよく遊びます。

とにかく「水」しか使わないので、服も床も汚れません。

お部屋遊びの決定版です、グッジョブ!サンタさん。

 

 

それから、ダンボールキッチンもスタンバイ。

 

ダンボールキッチン 手作り 在宅保育

 

おままごとがらみの小物を全部しまうことができる、戸棚の大きなキッチンなので、後片付けも簡単。

作って何年も経つのに、いまだ現役です。

取っ手のところのガムテープ補強が、歴史を物語ってますね(笑)

 

\ダンボールキッチンの作り方/ 

www.karafuru.site

 

そして、もちろんダンボール絵本棚も並べます。

 

手作り 絵本棚 在宅保育

 

取り出しやすい=片づけやすい、というシンプルな絵本棚

こちらも何度も修理を繰り返しながら愛用中です。

 

\絵本棚の作り方/ 

www.karafuru.site

 

これらはすべて、自分の仕事をするダイニングテーブルから見える位置

こどもの姿が見えなくなってしまうような死角をできるだけ減らすことが、毎日の安全につながるはずです。

 

また、隣には寝室として使っている和室があります。

ここに布団で作ったふとん山を形成。

 

ふとん山 在宅保育

 

よじのぼったり、飛び降りたりすることで、5歳の息子のストレスを発散する作戦です。

でも、うちにはまだヨチヨチな1歳児もいるので、まわりに毛布などを敷いて安全対策も心掛けないといけません。

 

実際に過ごしてみました

 

テレワークしながら在宅保育、実際に2日間おこないました。

結果としては、まずまずの滑り出しです。

 

特に、大きめなダンボールハウスを持ち込んだことで、そこを自分たちの拠点にして遊びを拡げてくれました。

 

2日目に、お兄ちゃんがごそごそ何かしていたので覗いてみたら、彼の絵が家じゅうに飾られていたのでびっくり。

 

ダンボールハウス 手作り 在宅保育
ダンボールハウス 手作り 在宅保育
左)ごそごそ何かしてる 右)絵が部屋に!

絵を部屋に飾る、なんてよく思いついたなあ。

 

布団山も、驚くほど上の子が下の子をリードして遊んでくれました。

5歳でも立派なお兄ちゃんです。

娘も、「にぃにー」とお兄ちゃんにべったり。

 

こういう姿は、長時間一緒に過ごさないと、じっくり見ることができませんよね。

ありがたい時間を過ごさせてもらっていることに感謝です。

 

ただ、やっぱりこどもたちもわたしも疲れてくる15時以降に、グダグダな魔の時間がやってきます。

 

お昼寝をしない息子は、だんだん不機嫌になって乱暴になるし。

そろそろ構って欲しい娘は、わたしのひざから降りようとしなくなるし。

 

後半をうまく乗り切る方法を考えなくてはいけませんね。

 

むすび

 

わちゃわちゃと慌ただしい毎日になりましたが、当初あれこれ心配していたよりは、まともに仕事ができることに驚きました。

こどもも、こどもなりにいろいろ考えてくれているのでしょうね。

 

在宅勤務と在宅保育の両立で、一番やっかいなのはお互いのストレス。

こどもがストレスなく楽しそうに遊んでいれば、親もストレスなくそれを見て楽しく仕事ができるはず。

もう少し、いろいろ改造していきたいと思います。

 

できたら「こどもが自分で遊びを考え付くようなおもちゃ」を作りたいな。

しかもお手軽に。

(あまりにも時間がないので)

 

ちょっとずつですが、「あつ家」計画をパワーアップしていきますので、何かいいアイデアがあれば教えて下さいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

※はてなブログのお題「#おうち時間」に参加しています。

 

▼こんなおもちゃもどうぞ▼ 

www.karafuru.site

www.karafuru.site

www.karafuru.site